スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

――「長ーい道のりー10年後の資格――

気になった記事が出ていましたので紹介します。
中高年とは直接関係は無いのですが、何かのヒントになれば (長文)

超高齢化社会が到来する10年後、最も食いっぱぐれのない資格は医療系でしょう。なかでも看護師は注目です。

米国にはナースプラクティショナー(NP)という制度があり、看護師が医師の指示なしで初期診療や投薬を行えます。日本でも「特定看護師」の名で法制化を検討中。10年後には導入される公算が大きいでしょう。

一方、医療系でも理学療法士や作業療法士は大量供給の時代が終わり、将来は正規採用での就職難もありえます。

法律系はまずまずでしょう。今後、利用者増が予想されるのが「成年後見制度」。認知症などで判断能力が低下した人に代わって、生活や財産を守るための手続きなどを第三者が行う制度です。司法書士、社会福祉士、弁護士が役割を担うケースが多く、特に前2者の出番は増えるでしょう。

グローバル化はますます進みますが、国家資格の仕事はあくまで内需完結型。超高齢化、人口減少の流れに対応できない人は、資格があっても苦戦するでしょう。

法律系:まずまずも社労士は下り坂
●弁護士【晴れのち曇り】
近年、ロースクール出身の合格者が大量生産されたため、若手人材が供給過多。年間合格者数の削減で、需給バランスを取り直そうとしているが、弁護士間および所属する事務所間の格差は引き続き拡大傾向か。10年前までは「快晴」だったが、今後は雲がちらほら。

●司法書士【曇り】
不動産売買などにかかわる登記業務がメーンの“街の法律家”。不動産不況下でもクレジット&サラ金がらみの自己破産案件で稼いでいたが、今後は縮小へ。マンション着工数も減少傾向にあり、厳しい状況だ。高齢化に伴う相続案件、成年後見制度関連の業務増に期待。

●社会保険労務士【曇り時々雨】
基本は中小企業の年金・保険業務の代行屋さん。独立開業したものの生活が成り立たない社労士はゴマンと。数年前は年金問題の相談窓口としての業務が舞い込んだが、その特需も今や昔。全体に、仕事は減少傾向にある。実質は、人事や総務の会社員向けお勉強資格か。

ビジネス系:注目は快晴のアクチュアリー!
●公認会計士【晴れ時々曇り】
大手監査法人のパートナークラスになれば、年収1500万~2000万円ほど。新規合格者のだぶつき、コンサル業務の減少、監査報酬のダンピングで、試験の難度に見合った給料は望めなくなるだろう。独立開業する場合は、基本的に税理士と同じ仕事をする。

●税理士【曇り】
かつては独立開業で年収数千万円も可能だったが、デフレ下で仕事の単価が下がったことに加え、顧客である中小企業の廃業も相次ぎ、厳しい状況に。独立で年収1000万円台にのせるのは容易ではなくなるだろう。事務所勤めのままだと生涯年収は公務員に敵わない模様。

●アクチュアリー【快晴】
確率や統計など、数学理論で保険や年金の商品設計および経営リスクの分析をする専門職の資格。難易度が高く、希少価値あり。ニーズは今後も増える見通しだ。資格取得者の6~7割は生保、損保、信託銀行に勤務。出世や転職の武器にもなり、安定した高給が見込める。

医療系:看護師は晴れ! 厳しいのは薬剤師
●医師【晴れのち雷雨】
取得するのに金も時間も労力も要るが、勤務医時代は総じてコスパが低い。疲れ果てて開業医に転ずる者が多いけれども、初期投資に大金が必要で、地域内での競争も激化しているので、世襲でなければ苦労するだろう。とはいえ、鉄板の資格であることは不変だ。

●看護師【晴れ】
医師と同じく苛酷な労働環境だが、高齢化に伴い「派遣看護師」など職域が広がり、慢性的な人材不足は今後も続くだろう。資格取得希望者も多く、大学の看護科の偏差値も高くなっている。米国のようなNPが導入されれば、やりがい向上の可能性あり。

●薬剤師【曇り時々雨】
以前は人不足の資格だったが、規制緩和で大学薬学部が次々に新設され、調剤薬局の市場拡大も頭打ちとなり、人余り状態に。ドラッグストアで薬剤師より人件費が安い「登録販売者」が定着したことも逆風。独立が難しくなり、製薬会社のMRになる新卒者増へ。


その他:介護福祉士は待遇改善に課題
●獣医師【曇り】
ペットブームの定着で獣医学部受験が人気。医学部に次ぐ偏差値となっている大学も多い。だが、都市部ではペット医余りに。民間企業の研究職(バイオテクノロジー)に就く免許取得者も。取得の難しさの割には収入が厳しいという声も多く、その傾向は続くだろう。

●介護福祉士【曇りのち雨】
高齢者や障害者をケアする介護のプロ。現場は慢性的な人不足で、今後はさらに需要アップ。ネックは、収入の低さと雇用条件の厳しさ。バイト、パート契約も珍しくなく、5年を過ぎて年収300万といったところが平均値だ。労働条件の改善は、今後の国の政策次第。

●不動産鑑定士【曇りのち一時雨】
業務の基本は土地・建物の値段を評価すること。公共事業減、報酬規定の撤廃など、いいニュースは少ないが、資格取得者がそれほど多くないためか、案外不況のあおりは少ない。しかし、今後は土地余りが予想されるため、営業力が成否をわけるカギとなるだろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。